ギターを買取して欲しいと思ったら、お店に持っていくのが一般的なところでしょう。
このときには、チェックするべきところがあるのです。
お店に持っていく前に、しっかりとチェックしてみるのが良いかと思われます。

まず、ギターの状態をチェックすることからはじめてみましょう。
ギターという楽器を買取してもらうとき、最低限ネックが問題ないかを見ておきたいものです。
ネックの状態が悪いと、出るべきところで音が出ないこともありますし、ピッチが正常にならないことがあります。
楽器として、音が出ないことは致命的ともいえるもので、買取金額はそれだけでも大幅に下がってしまうことになるのです。
ネックの状態に関しては、日頃からきちんと見て、状態が悪くならないように見ておいてあげることが大事となります。

こうした点についてしっかりとチェックをしておくことがとても大事になります。
また、傷や汚れがあると、どうしてもギターそのものの価値が下がってしまうことになります。
ステッカーが貼ってある場合もそうですが、こうしたものを無理にどうにかしようとすると、反対にボディの状態が悪くなり、価値が下がってしまうことになりますから十分に気をつけるようにしましょう。http://kaitori-gakki.net/info01.html




ページのトップへ戻る