本郷 智祥が不動産会社を選んだのにはいくつかの理由があります。まずは、就職活動の中でどの仕事を自分が選ぶかを考えたときに、いくつかの会社説明会やOB訪問を経てやりたい仕事を営業に定めます。男性が一番就職しやすい職業は何かを考えたときに、自分のアイデアや考えでそしえお客様に物を売る営業という仕事であれば、求人も多く、また自分の接客アルバイトの経験などを活かせると考えたからです。

その中で不動産業界に決めたのは、ある程度個人商売のようなところがあり、学歴や年齢ではなく、成果に応じた処遇がされる場合が多いと聞いたことにもつあんがっています。もともと本郷 智祥さんは就職活動のセミナーなどに参加した際に、起業をしているOBの話を聞いても何かしら思うところがありました。

本郷 智祥さんはしかしながら、奨学金の返済などを考えた場合、起業というのはかなりリスクが高いですし、慎重な性格から考えていませんでした。不動産業界であれば、自分の成果で処遇が決まるからです。
ジェネレーションギャップ | ビジネスリリースオンライン



ページのトップへ戻る