災害が起こる前、その後には何が必要になるでしょう。
まず、災害が起こる前には、建物の評価額を知る必要がありますし、その後にはどれだけの損害が出たのかを知る必要があります。
ただ、そのためにはしっかりとした知識がなければいけませんし、素人には難しい話です。
そんなときに利用できるのが三和鑑定事務所というところなのです。

三和鑑定事務所では、事業内容が3つあります。
損害鑑定業務、評価鑑定業務、そして大規模自然災害業務というものです。
損害鑑定業務は、保険対処物の価格、損害額の算定を行います。
評価鑑定業務は、保険対象物の評価鑑定を行います。
そして、大規模自然災害業務は、被災地に鑑定人を派遣して調査を行うというものです。

いずれも災害が発生する前後には必要になることですが、三和鑑定事務所は、それを一手に引き受けているというわけです。
こうした事業を依頼しようと思ったら、是非とも三和鑑定事務所を利用してみて欲しいものです。



ページのトップへ戻る