電力を蓄えるシステムで誰もが知る物の一つに、乾電池がありますが、一度も使用しなくても自然に放電されて行き、ある一定レベルに達すると利用出来なくなります。
しかし昨今では蓄電をする事で、ある程度の電力を蓄積する蓄電システムに注目が集まっています。
それは、企業が業務の為に利用するタイプもありますが、一般家庭でも利用可能な家庭用蓄電システムが、手の届く価格帯の物が続々と登場しているからと言えるでしょう。
しかし何故ここまで、蓄電地の優位性が評価されるかといえば、最も大きな理由の一つは、災害対策の為に一台は置いておきたいからという理由が考えられます。
災害時には電線等が切断されていたりして、直ぐ様復旧が困難であるという事は想定出来るでしょう。
その様な状況であっても、電気ケトル等でお湯を沸かして、カップラーメン等を作れるので食事が出来ます。
または、バッテリー切れの恐れのあるスマートフォンやノートパソコン等を駆使して、必要な情報を得る為に、蓄電池は欠かせない存在と言えるでしょう。
では、平常時ではどの様な役に立つのかといえば、例えば太陽光発電と蓄電池を併用する事で蓄電を行い、電気を利用すれば、電気料金のコストカットにも貢献します。
また、経済的に余裕が無いので、そこまで揃える事が難しいという場合には、自治体等から補助金が申請されるので金銭的負担は軽減されます。
まずは住居地区の自治体に、蓄電池の補助金について確認してみる事から始めましょう。



ページのトップへ戻る