胃痛が発症する原因はいろいろありますが、痛みを感じ取った際、最初に思うことは食べ過ぎや胃の疲れなどを考えるケースが多いようです。
確かに胃痛の原因には、暴飲暴食もあります。
しかし他にもストレスや胃酸分泌、睡眠不足や疲労、もともと胃が弱くて消化力が弱い人などにも発症することがあり、食後だけでなく空腹時にも痛みを感じることもあります。
そんな痛みの対処法として一番簡単なものは、食事の見直しです。
まずはしっかり食べ物を噛んで、ゆっくり食べるように心がけましょう。
食材はジャガイモや大根、卵や豆腐、白身魚や鶏のささみなどがお勧めです。
それとは反対に脂肪の多い肉類や香辛料、脂っこいものなどは避けた方が無難です。
また調理法に関しては、煮たり蒸したりすることで、柔らかくて消化の良い状態にすると良さそうです。
続いて食事以外の対処法としては、お灸や針などを使ったツボ押しや、市販薬を利用するという方法もあります。
ツボ押しに関しては、お灸や針を使わずとも手で押すだけでもそれなりの効果があります。
また市販薬に関しては、薬局などで薬剤師によく相談して購入しましょう。
最後にやはり一番の対処方法は、病院を受診することです。
症状をそのまま放置していると大変なことになる可能性もあるので、我慢はせずに素直に医療機関を受診してください。

ページのトップへ戻る