日本という国ではカレーが大人気です。
インドの本場のカレーとはまた違う独自の味に進化しておりもはや国民的料理の一つとも言えます。
そのため国内のいたるところにはカレーを提供するお店が多くあります。
そのようにカレーを提供するお店が増えてきている中最近注目を集めているのは札幌を発祥の地とすると言われているスープカレーです。
カレーのルーは一般的にどろっとした形状のものが多いのですが、このスープカレーは名前のとおりまるでスープみたいに液体状になっています。
一般的なカレーよりも野菜の味を感じやすいのが特徴です。
それは一般的なカレーは一緒に煮込むので味がルーの中に染み出しやすいからです。
野菜本来の味を楽しむことができるのも特徴です。
特に北海道の札幌では激戦区ですので様々なお店がひしめき合っています。
生存競争も激しく、おいしい店のみが残っているという印象を受けます。
中でも札幌スープカレーを提供しているすあげでは、美味しいだけでなく体の事にも気を使ったメニューが豊富です。
赤米という古代米を使う事でタンパク質や各種ミネラルを取りやすくなっています。
また嬉しいことにトッピングの種類が豊富ですので自分好みのカレーを作り上げることができます。

このホームページにも情報があります

ページのトップへ戻る