テレビゲームにインターネット、スマートフォンなど、現代人を取り巻く環境は、目に大きな負担を与えるものが揃っています。
けれど、これらのアイテムを上手に使いこなせないと、現代社会を上手く生き抜いていけないのも事実ですので、目への負担を避けることはできません。
その結果、子供のうちから近視が進行してしまうケースも珍しくなく、中学生くらいになるとコンタクトを使い始める子も多くなります。
中学生になると、本格的に部活動にいそしむことが増えるためで、メガネは邪魔になることが大半です。
けれど、コンタクトレンズが角膜に負担をかけるのも事実ですので、親としてはもっと大きくなってからでもいいのではという気にもなるでしょう。
そんな時に検討してみたいのが、オルソケラトロジーです。
これは夜間に装着するコンタクトレンズで、角膜に正常な屈折状態を癖づけることにより、レンズを外したあともよく見える状態を保ってくれるという、近視の矯正方法です。
オルソケラトロジーによって完全に近視が治るという訳ではありませんが、日中はできれば裸眼で過ごしたいという人にとって、レーシック以外の選択肢であることは間違いなく、これから注目を集めるのではないでしょうか。



ページのトップへ戻る