節電効果も高く家計にやさしいと評判の太陽光発電ですが、高額な設備費用を必要とすることから導入を見送るご家庭も多いのではないでしょうか。
システムの規模によっては全体の費用が300万円を超えることも珍しくなく、かといって規模を小さくすると消費電力とのバランスが取れず太陽光発電のメリットが活かせません。
そんなコストがかかるとされている太陽光発電を資金負担ゼロで十分な規模を設置できると評判になっているのが第二電力の場所貸し発電サービスです。
設置にかかる費用は勿論十分なシステム規模の重量に耐えられるよう屋根の耐久性向上、20年と長期にわたる契約期間中のメンテナンス、設備の交換にかかる費用全てを第二電力が負担します。
初期投資がかからないだけでなく国の固定価格買取制度による売電も利用可能で、総売電量の5%を賃料収入として受け取れます。
契約期間終了時の選択肢としては第二電力が費用を負担して設備を撤去、若しくは一定の条件で発電設備の継続利用の2つがあるのでまずは気軽に問い合わせてみてください。



ページのトップへ戻る